« 現代居酒屋事情♪ | トップページ | ローカルネタですが… »

政権を握って日本を変えると唱えているが…

業界団体の関係で今日はお手伝いをしてきました。

安倍総理が異例の三度目の来県で各地で遊説しています。

今回の選挙の争点の一つが社会保険庁問題。職員はこぞって巨大野党を応援している。

政策で四苦八苦している政党を取るか,揚げ足を取るのを得意とする政党を取るか若者には判るまい。

政府も投票率を上げる施策を真剣に考えてもいい時期ではないでしょうか?

3割の投票で満足しているのでは日本は良くならない。

なぜ若者は投票に行かないか?政策の対決ではなく口喧嘩だから魅力がないのでは…

選対本部に係わるとなんとなく見えて来る気がします。

Nec_0400 大相撲が終わりました。

舞台ウラの選挙―“人の心”を最後に動かす決め手とは! Book 舞台ウラの選挙―“人の心”を最後に動かす決め手とは!

著者:三浦 博史
販売元:青春出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

選挙裏物語―「当選確率80%」スゴ腕選挙コーディネーターが明かす選挙のすべて Book 選挙裏物語―「当選確率80%」スゴ腕選挙コーディネーターが明かす選挙のすべて

著者:井上 和子
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 現代居酒屋事情♪ | トップページ | ローカルネタですが… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>政府も投票率を上げる施策を真剣に考えてもいい時期ではないでしょうか?

そりゃ無理でしょう。わざわざ会期延長までして投票日を変更し、投票率を下げようとしている政府ですよ(^^;

☆なをたさん,コメントありがとう。驚いています。

オーストラリアのように帳票しないと公的なサービスを受けられないなど面白いと思うけど…

無理だね!

驚いてもらってありがとう(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/416789/7235764

この記事へのトラックバック一覧です: 政権を握って日本を変えると唱えているが…:

« 現代居酒屋事情♪ | トップページ | ローカルネタですが… »