« 深夜のBS♪ | トップページ | 国交省と厚労省♪ »

弁護って言い訳なの?

山口・光市の母子殺害事件。親として家族として大変苦しい事件です。

一つ教えてください。弁護士の仕事はいいわけを並べて無罪にすることなのでしょうか?

どのような経過で今の事件の弁護を務めているか判りませんが国選なのでしょうか?

死刑の是非は別として法廷を見ていると無罪を勝ち取ろうしているのでしょうか?

精神鑑定で逃げるのでしょうか?そして,彼が友人にあてた手紙の気になります。7年くらいと断言していました。

個人的な見解ですが,無期以下はないと思いますが…

もし,仮釈放になればあの残された父親は命を狙いに行くでしょう?応援に行きたい気分です。

負けない交渉術―アメリカで百戦錬磨の日本人弁護士が教える Book 負けない交渉術―アメリカで百戦錬磨の日本人弁護士が教える

著者:大橋 弘昌
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

特捜検察の闇 Book 特捜検察の闇

著者:魚住 昭
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 深夜のBS♪ | トップページ | 国交省と厚労省♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/416789/6968421

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護って言い訳なの?:

« 深夜のBS♪ | トップページ | 国交省と厚労省♪ »